トランサミンで白髪にならない?

トランサミンで白髪が増える可能性あるの?

 

トランサミンはプラスミンを阻害し、メラノサイトの働きを弱めてメラニンが出にくい状態にします。そのため、シミ・肝斑対策や美白目的で利用されています。

 

ただ、この効果によって白髪にならない? という不安を持つ人もいるようです。ここでは、トランサミンと白髪の関係を解説します。

 

トランサミンと髪の毛の関係

 

髪の毛の黒さもメラノサイトから出るメラニンによって保たれています。そのため、トランサミンを服用してプラスミンを阻害すると、メラノサイトの活動が弱まり、白髪になってしまうイメージが湧いてくるかもしれません。

 

ただ、トランサミンのプラスミン阻害作用は、すべてのメラノサイトに効果があるわけではなく、病的なものにだけ作用すると言われています。シミ・肝斑となっている箇所のメラノサイトは、女性ホルモンバランスの乱れなどによって異常に活性化されており、トランサミンはこういった箇所のメラノサイトにだけに作用するというわけです。

 

もしトランサミンによって白髪になるとしたら、体中すべてのメラノサイトに作用することになります。そうなると、髪の毛だけでなく、皮膚の色素までもがなくなってしまい、完全に真っ白な体になってしまうでしょう。しかし、トランサミンの服用によってそのような状態になった例はありません。

 

繰り返しになりますが、トランサミンが作用するのは異常に活性化しているメラノサイト(肝斑部のメラノサイト)だけであり、髪の毛を白くしたりする副作用はないと考えていいでしょう。

 

トランサミン以外の美白成分について

 

なお、同じくシミ・肝斑対策ができる成分「L-システイン」の場合、体中のメラニン生成を抑える働きがあります。なのでシミ・肝斑に効果があるだけでなく、髪の毛が白髪になってしまう恐れがあると言われています。

 

ビタミンCに関しては、摂取しても白髪になることは考えにくいです。そればかりか、抗酸化作用によって白髪対策になるとも言われているので、ビタミンCで白髪になる心配は不要でしょう。

 

→一緒に飲むのはリプライセルがおすすめ