トランサミンのod・過剰摂取リスクについて

トランサミンのod(過剰摂取)リスクはあるの?

 

od(オーバードーズ)とは、いわゆる大量摂取のことです。一般的にはありえない量の医薬品を服用してしまうことを指しています。基本的には、依存性・耐性形成の強い睡眠薬抗不安薬などでよく起こります。耐性が付くことでだんだん効かなくなって大量摂取に至ってしまったり、精神的に不安定になって一気にodしてしまうケースがあります。

 

トランサミンは依存性や耐性形成が強いわけではないので、一般的にはodに至ることはほとんどありません。ただ、「シミ・肝斑に効く」という作用があるため、「なかなか効果が出ないから、もっとたくさん服用してみよう」と考えてしまい、od状態になる可能性は否定できません。

 

また、もっとありえるのが、睡眠薬や抗不安薬とトランサミンを併用している場合です。もちろん併用自体に問題はないのですが、睡眠薬などのせいでodしたくなってしまい、ついでにそこにあったトランサミンもたくさん服用してしまった、なんてことは十分考えられます。

 

なので、トランサミンそのものにodリスクはほとんどないのですが、「シチュエーション次第ではod状態になりえる」というのが実際のところです。

 

トランサミンの致死量は?

 

トランサミンのodをしてしまって、一番心配なのが「致死量」のはずです。もし実際に大量摂取してしまい、死に至ってしまうようであれば大変です。

 

医薬品の致死量はLD50(半数致死量)というデータで正確にわかります。LD50は「この量を越えると、50%の確率で死亡する」という意味です。

 

トランサミンの場合は、

 

種別 LD50
ラット 4620mg/kg
5310mg/kg

 

となっています。つまり、動物実験ではだいたい「体重1kgにつき、4000~5000mgのトランサミンを服用すると50%が死亡」ということです。

 

この数値をそのまま人間に当てはめることはできませんが、数値だけで判断するなら体重50キロの場合は250000mg(250mg錠が1000錠)を服用しないと半数致死量には達しません。

 

実際に1000錠ものトランサミンを服用することはほとんどありえないので、トランサミンのodで死亡するケースは極めて少ないでしょう。ただ、あくまでLD50は「50%」の確率を見ているだけなので、例えば100錠でもわずかですが致死率はあるということでもあります。なので、結論としては異常な量のトランサミンを服用すると、確率は少ないものの命に係わる可能性はあるということになります。

 

トランサミンのodのその他のリスク

 

トランサミンを大量服用すると死亡リスクがあることは解説した通りですが、それ以外にもリスクはあります。

 

トランサミンのodに至ってしまった場合、たいていはその他の医薬品もミックスしてodしていることが多いです。そうすると、それらの医薬品の副作用がすべてまとめて降りかかってきます。意識朦朧程度ならまだしも、ふらついて転倒・最悪自動車事故なんてこともありえます。自分だけでなく、関係ない人も巻き込む恐れがあるのです。

 

同時に服用する医薬品によっては後遺症のリスクもあるので、そういった意味でもトランサミンのodは避けるべきでしょう。

 

od・大量摂取してしまった場合の対処法とは

 

トランサミンやその他の医薬品をodしてしまった場合、その後の対応は「意識があるかどうか」で決まってきます。意識があるようなら危険度はそれほど高くないので、横になって作用が消えるのを待つのがよいでしょう。無理やり吐き出してしまうと、胃酸が食道を刺激して傷つけてしまう恐れがあります。

 

意識がない場合は、すぐに救急車を呼んで対処を任せることになります。その後の対応は場合によりますが、胃洗浄などの対処が行なわれることが多いです。

 

トランサミンのodをしてしまう理由は、多くの場合別の医薬品のせいです。自分が今服用している医薬品がどんなものなのかしっかり把握しておき、用法・用量を守る意識をしっかりもつことが重要です。