トランサミンとお茶・牛乳の相性は?

トランサミンとお茶・牛乳の相性を解説

 

お茶や牛乳は、医薬品によってはあまり相性が良くないことがあります。そこで、「トランサミンとお茶・牛乳の相性はどうなの?」と気になっている人もいるはず。

 

ここではトランサミンとお茶・牛乳などの飲み物の飲み合わせについて解説します。

 

お茶・牛乳などのどこが問題になりやすいか

 

お茶や牛乳などの飲み物と、医薬品の飲み合わせが問題になるケースはいくつかあります。まずはどんなケースがあるかを見ていきましょう。

 

(お酒とトランサミンの相性については、 →服用中にアルコール(お酒)は飲んでいいの?飲酒との関係 を参照してください)

 

カフェイン

 

カフェインはお茶やコーヒー、栄養ドリンクなどに広く含まれており、医薬品との相性が悪いケースがあります。

 

  1. 「覚醒作用」があるため、睡眠薬や抗不安薬などの作用を打ち消してしまう。
  2. 覚醒作用のある医薬品と併用すると、覚醒作用が重複して増強されてしまう。
  3. 血管収縮作用があるので、気管拡張薬(ぜんそく薬)などと相性が悪い。
  4. 胃酸分泌量が増えるため、逆流性食道炎の治療薬と相性が悪い。

 

↑のように、意外と飲み合わせが悪いケースが多いのがカフェインの特徴です。

 

タンニン酸

 

ジャスミン茶、紅茶、煎茶、烏龍茶などには「タンニン酸」が含まれています。抗酸化作用や悪玉コレステロールの低減作用があるため健康に良いとされています。ただ、鉄の吸収を妨げる作用があるため、貧血になりやすくなると言われているほか、貧血治療の鉄剤の吸収を阻害する恐れがあります。

 

牛乳や乳製品(ヨーグルト、バターなど)

 

牛乳はカルシウム豊富で、カルシウム不足気味の日本人にとっては馴染みの深い飲み物です。ただ、医薬品との飲み合わせは案外悪く、いろいろなNGケースがあります。

 

  1. 牛乳と一緒に服用すると吸収スピードが2倍以上に早まる医薬品がある。
  2. 牛乳と一緒に服用すると吸収が遅くなる医薬品がある。

 

牛乳の場合は、基本的に↑のような「吸収スピード」に関わるものが多いです。

 

CYP3A4を阻害するグレープフルーツジュース

 

「CYP3A4」とは、体の中にある医薬品を代謝・分解する酵素のことです。グレープフルーツにはこの「CYP3A4」の働きを阻害する作用があり、CYP3A4に関わっている医薬品の代謝を遅くし、血中濃度が低くなりにくいというデメリットがあります。一部の抗生物質などが該当しており、その場合はグレープフルーツジュースはもちろん、果実を食べるのも、果汁入りのお菓子を食べるのもNGとなっています。

 

お茶や牛乳、ジュースなどの飲み物と医薬品の飲み合わせが問題となるのは、たいていの場合上記4つのどれかとなります。

 

トランサミンとお茶・牛乳の飲み合わせの注意点

 

すでに解説した通り、お茶や牛乳の飲み合わせで問題になるのは

 

  1. カフェイン
  2. タンニン酸
  3. 牛乳
  4. グレープフルーツ

 

あたりとなります。肝心のトランサミンとの飲み合わせについてですが、実はほとんど問題ありません。

 

カフェインとの相性

・トランサミンには覚醒作用はない。副作用として眠気が出る場合があるが、シミ・肝斑対策に必要な作用ではないので、カフェインで打ち消されても問題ない。

 

・カフェインの血管収縮機能と、トランサミンの血栓ができやすくなる作用はあまり相性が良くないので、少し注意が必要。

タンニン酸との相性 ・トランサミンには鉄分と関係する作用はないので、タンニン酸と相性が悪いということはない。
牛乳との相性 ・牛乳を飲んでも、トランサミンの吸収に影響しない。
グレープフルーツの相性 ・トランサミンはCYP3A4とは無関係なので、グレープフルーツで相互作用が起こることはない。

 

↑は各種ポイントとトランサミンとの相性の解説ですが、唯一注意するとすればカフェインの血管収縮作用です。カフェインを摂取すると血圧が上がりやすくなり、血栓ができやすくなるトランサミンとはあまり相性が良いとは言えません。カフェインをすべてやめる必要はありませんが、トランサミンを服用中は多少控えたほうがいいでしょう。

 

それ以外は、トランサミンとの関係は見られないので、飲み合わせは良くも悪くもないと言ったところです。

 

お茶や牛乳でトランサミンを服用するのはやめよう

 

トランサミンとの飲み合わせとしてはそれほど問題ないことは解説したとおりですが、だからといって「お茶や牛乳でトランサミンを服用する」というのはやめたほうがいいでしょう。

 

というのも、トランサミンの用法・用量はすべて「水で服用する場合」を想定して考えられています。お茶や牛乳で服用することは全く想定されていないので、大げさに言うと「何が起こるかわからない」ということになります。

 

もちろん重大なトラブルが起こることは考えにくいですが、トランサミンの効果が落ちてシミ・肝斑が治るまでに時間がかかることも十分ありえます。なので、トランサミンの服用そのものは、必ず水で行うようにしましょう。