トランサミンと脱毛・抜け毛の関係や薄毛対策

トランサミンと抜け毛・脱毛や薄毛の関係

 

医薬品の副作用として、「脱毛・抜け毛」が起こることはあります。そのため、トランサミンによって脱毛が起きないか? ということが心配な人もいるでしょう。

 

他にもさまざまな疑問があるはずなので、ここではトランサミンと脱毛・薄毛の関係について解説していきます。

 

トランサミンの副作用によって脱毛・抜け毛は起きない?

 

まず第一に気になるのが「トランサミンの副作用で脱毛しない?」という部分でしょう。結論から言うと、トランサミンによって脱毛・抜け毛が起こることは考えにくいです。

 

通常、医薬品に脱毛の副作用がある場合、添付文書に「脱毛」「脱毛症」などの記載があります。しかし、トランサミンの添付文書にはそのような記載は一切ありません。

 

参考ページ:トランサミン添付文書

 

トランサミンの添付文書には0.1%未満の発生率の副作用まで細かく書いていますが、それでも「脱毛」と書かれていないということは、副作用として脱毛・抜け毛が起こることはほぼないということです。もちろんどんな人にも「体質」はあり、もしかするとトランサミンによって脱毛が起こる体質の人も一部にいるかもしれません。なので「確実にない」と言うことはできませんが、ほとんどの場合は心配ないでしょう。

 

脱毛エステでの施術は問題ない?

 

脱毛エステに通おうとしたとき、服用している医薬品によっては施術を断られてしまうことがあります。

 

というのも、医薬品によっては「光線過敏症」という副作用を持つことがあるからです。脱毛エステの施術は「光」や「レーザー」を使いますので、光線過敏症によって肌がかぶれたりするのを防ぐために施術を断ることがあるのです。

 

それではトランサミンはどうかというと、光線過敏症のリスクは認められていません。そのため、脱毛エステで「トランサミンを服用しています」と言ったとしても、施術を断られる可能性は低いです。

 

ただ、他に光線過敏症のリスクがある医薬品を併用しているなら断られる可能性があるので注意が必要です。

 

トランサミンには薄毛への効果はない?

 

もともと脱毛や抜け毛、薄毛に悩んでいて、トランサミンを服用し始めることによって「もしかしたら、薄毛が改善できるかも」と思うかもしれません。

 

ただ、残念ながらトランサミンには薄毛改善効果はありません。トランサミンは抗プラスミン阻害薬ですが、髪の毛の成長とプラスミンには何の関係もないので、トランサミン服用によって髪が生えるとういことはありません。