トランサミンの子供、中学生、高校生のそばかす対策

トランサミンの子供の服用や中学生・高校生のそばかす対策について

 

トランサミンは成人の場合750~2000mgの服用が可能ですが、子供の場合はどうなのでしょうか? また、中学生~高校生がそばかすに悩んでいるとき、トランサミンは役立つのでしょうか?

 

ここでまとめて解説していきます。

 

トランサミンは何歳から服用できる?

 

まず「トランサミンは子供・小児でも服用できる?」という疑問についてですが、トランサミンは子供でも服用可能です。喉の痛み・炎症に効果があり、なおかつ副作用が少ないので、むしろ積極的に処方されることの多い医薬品と言ってもいいでしょう。

 

ただ、子供に対してトランサミンの錠剤タイプで処方されることは少なく、甘いオレンジ風味の「トランサミンシロップ」という形で処方されることが多いです。

 

年齢

1日あたりの服用量

0~1歳

200mg

2~3歳

150~350mg

4~6歳

250~650mg

7~14歳

400~1000mg

15歳以上

750~2000mg

 

年齢別トランサミン服用量については↑のとおりとなります。成人の場合と同じく、服用量には幅があることがわかります。また、成人の服用量に達するのは15歳からです。

 

0~1歳という項目があることからもわかる通り、全年齢で服用できるのがトランサミンと言えるでしょう。

 

小学生や中学生、高校生のそばかす対策にトランサミンは使える?

 

そばかすとは、正確には「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれる症状のことです。若い人だと6歳ころからそばかすが見られはじめ、ほほのあたりを中心に細かい色素沈着がでてきます。シミや肝斑と発生個所も見た目も似ているため、トランサミンが効きそうですが、それほど簡単な話ではありません。

 

シミとそばかすは別物

 

シミ・肝斑はホルモンバランスの乱れや紫外線などが原因の後天的なものです。しかし、そばかすに関しては遺伝的要素が強く、原因が全く異なるのです。もともとトランサミンはシミ・肝斑用の医薬品なので、そばかす対策ではなかなか効果が出ないことも多いです。

 

年齢的な問題

 

シミ・肝斑は30代くらいから目立ち始めます。もう成人しているため、トランサミンを服用しても問題ないことが多いです。しかし、そばかすの場合は小学生や中学生、高校生くらいの年代となるため、まだ体が未熟でトランサミンの長期服用が問題になることがあります。いくら副作用の少ない医薬品といっても、まだ小さな体には負担が大きいのです。

 

以上のような問題があるので、中学生~高校生くらいの人がそばかす対策のために自己判断でトランサミンを服用するのはおすすめできません。

 

確かに、皮膚科でそばかすの診察を受けると、トランサミンが処方されるケースはありますし、効果が出ることもあります。しかし、トランサミン以外にもレーザー治療やフォトセラピーなどを行うことが多く、どの治療が効果的かは個人差があります。

 

なので、ただなんとなくトランサミンを服用するのではなく、皮膚科の診察を受けて、最適な治療をしていくのが重要です。

 

なお、そばかすは大人になるとだんだん薄くなることが多いです。もし30代を越えてもそばかすがあるようなら、もしかしたらそれはそばかすではなく、肝斑かもしれません。その場合、トランサミンは大きな効果を発揮するので、試してみる価値はあるでしょう。