トランサミンはドーピング扱いされるのか

トランサミンはドーピングにならない

 

アナボリックステロイドなどの筋力増強剤は当然ドーピングに入りますし、それを知っている人は多いと思います。しかし、本人にドーピングのつもりがないのに、実は禁止薬物リストに入っており、大会などで失格になってしまうケースがあります。

 

例えば、利尿作用のある「ラシックス(成分名:フロセミド)」という医薬品は禁止薬物です。しかし、ラシックスの利尿作用には「むくみ」を取る作用があり、美容目的で服用している女性も大勢います。そのため、ドーピングのつもりはなかったのに、失格になるということがよくあるのです。

 

美容目的で使われることが多い医薬品としてはトランサミンも同じです。そこで、トランサミンが禁止薬物になるかどうかですが、結論を言うと禁止薬物リストには入っていません。

 

参考ページ:アンチ・ドーピングガイドブック - 日本薬剤師会

 

↑は「アンチドーピングガイドブック」の「使用可能薬例」のリストですが、トランサミンが入っています。つまり、ドーピングにはあたらないということです。

 

自分で調べる方法は?

 

トランサミンがドーピングにならないことは解説した通りですが、これは更新されていく情報でもあります。禁止薬物リストは年々変化するので、今後のことはわかりません。トランサミンがリスト入りする可能性は低いですが、大会などがあるなら最新情報は調べておくべきでしょう。

 

最新情報を調べる方法ですが、「世界アンチ・ドーピング機関(WADA)」の禁止薬物リストを調べるとよいでしょう。WADAでは「Prohibited List(禁止リスト)」というリストを毎年更新しており、公式サイトで見ることが可能です。

 

参考ページ:WADA公式サイト

 

 

英語なのでわかりにくいかもしれませんが、トランサミン(成分名:トラネキサム酸)は英語だと「Tranexamic acid」となります。このワードでリスト内を検索してみて、検索にヒットしなければOKということです。

 

ちなみに、先ほど取り上げた禁止薬物の「ラシックス(成分名:フロセミド、furosemide)」は、

 

 

リスト内を検索すると、このようにヒットしますので、禁止薬物ということになります。

 

他の医薬品もこのリストで調べることができるので、トランサミン以外にも医薬品を服用しているなら、ドーピングにあたらないかどうか調べておきましょう。