トランサミンとインフルエンザ予防接種、イナビルなどの関係

トランサミンとインフルエンザ予防接種やイナビルなどの治療薬との併用

 

寒くなってくると、インフルエンザの予防接種を受けたり、インフルエンザになってしまってイナビル、タミフル、リレンザなどの治療薬を服用する機会が増えてくるはずです。

 

そんなとき、トランサミンを服用してもいいのかどうかなど、インフルエンザ絡みのさまざまなポイントを解説していきます。

 

トランサミンとインフルエンザの予防接種

 

まず第一に、トランサミンそのものはインフルエンザの予防接種とは関係ありません。

 

インフルエンザの予防接種を受けられない条件は、

 

  1. 発熱中の人(体温が37.5度以上)
  2. 急性疾患にかかっている人
  3. 予防接種でアレルギーやアナフィラキシーを起こしたことがある人
  4. 医師の診察によって予防接種がNGと判断された人

 

となりますが、トランサミン自体ははどれにも該当していません。

 

ただし、「トランサミンを何のために飲んでいるのか」というところは考える必要があります。

 

止血目的

トランサミンを止血目的で服用している場合、白血病などの血液の病気を持っている人もいるはず。インフルエンザの予防接種は注射となるので、血液の病気を持っている人は医師への相談が必要となります。その結果、インフルエンザの予防接種を受けられない、という結果になる可能性もあります。

 

トランサミンが直接の原因ではありませんが、止血が必要な疾病にかかっている場合はしっかり医師のアドバイスを受けるようにしましょう。

 

喉の痛み、腫れを抑える目的

トランサミンを咽頭炎などの治療目的で服用している場合は、発熱があったり、風邪のような症状が出ていることもあります。インフルエンザ予防接種には「副反応」と呼ばれるさまざまな症状が出る場合があり、体が弱っているときは予防接種はしないほうがいいと言われています。

 

こちらもトランサミン自体は問題ないのですが、喉の腫れが引くまでは予防接種を控えたほうがいいかもしれません。予約の関係などがあるなら、いったん医師に相談をしたほうがいいでしょう。

 

蕁麻疹、湿疹などの治療目的

蕁麻疹や湿疹が出たのを治療する目的でトランサミンを服用している場合は、基本的にインフルエンザの予防接種は問題ないでしょう。また、予防接種を受けてから副反応でじんましんなどが出ることがありますが、その治療にトランサミンを使用することもあります。

 

なお、トランサミンは関係ありませんが、インフルエンザの予防接種の副反応として蕁麻疹などが出た場合、次回以降の予防接種は慎重に行うことになっています。

 

シミ・肝斑対策が目的

シミや肝斑の治療目的でトランサミンを服用している場合は、インフルエンザの予防接種は特に問題ありません。体が弱っているわけではないので、予防接種が受けられない条件には当たりません。

 

ただ、だからといってその他の摂取条件がゆるくなるわけではありません。ただ単に、「この場合、トランサミンは無関係」というだけなので、体調不良などがあるようなら摂取については十分検討しましょう。

 

トランサミンとイナビル、タミフルなどの相性は?

 

インフルエンザにかかると、タミフルやイナビル、リレンザなどの医薬品を利用することが多いです。これらの医薬品と、トランサミンの関係はどうでしょうか?

 

まず併用してもいいかという点については、問題はありません。トランサミンは併用禁忌・注意の医薬品がいくつかありますが、タミフル、イナビル、リレンザなどのインフルエンザ治療薬はどれも該当していません。

 

→併用禁忌・注意薬|医薬品飲み合わせまとめ

 

次に、トランサミンとインフルエンザ治療薬の相性について。インフルエンザは高熱が出る可能性が高いですが、NSAIDsと呼ばれる解熱剤を服用するとインフルエンザ脳症になるリスクがあり、解熱剤はあまり使用しない傾向があります(アセトアミノフェンは使用可)。

 

そのため、基本的にはインフルエンザの治療にはインフルエンザ治療薬しか出さないケースが多いですが、トランサミンが同時処方されるケースもあります。トランサミンには喉の痛み・炎症を抑える働きがあるので、少しでものどの痛みを抑える、というのが目的です。

 

つまり、インフルエンザとトランサミンの相性はそれほど悪くない、というのが実際のところです。もちろん、自己判断でインフルエンザ発症時にトランサミンを服用するのはやめたほうがいいですが、医師が出してきたのであれが服用してもOKです。