トランサミンと運動の関係を説明

トランサミンと運動の関係

 

トランサミン自体には、運動をしてはいけないというルールはありません。どちらかというと、「何のためのトランサミンを飲んでいるのか」ということに注意を向ける必要があります。

 

止血目的

白血病や再生不良性貧血、紫斑病などの治療でトランサミンを使用している場合は、その疾病の治療中に運動してもいいのかどうかを検討する必要があります。

 

例えば再生不良性貧血の治療中は、赤血球が不足して酸欠状態になりやすいです。そのため、運動をするとさらに酸素不足が深刻化し、体に負担がかかると言われています。なので、有酸素運動などの激しい運動は避けるべきと言われています。

 

トランサミンを止血目的で使用する場合、基本的には激しい運動はNGとなることが多いので注意が必要です。

 

蕁麻疹や湿疹の治療が目的

 

運動してもよいかは、蕁麻疹や湿疹の原因によります。食べ物などのアレルギーによるものの場合、体温の上昇や発汗が原因でヒスタミン分泌量が増え、蕁麻疹が出やすくなる場合があるので、激しい運動はしないほうがいいでしょう。

 

こちらもトランサミン自体は特に関係なく、「皮膚症状の原因」を考える必要があります。

 

喉の腫れ、炎症の治療目的

 

喉の腫れや炎症の治療目的でトランサミンを服用している場合は、風邪を引いていたり、発熱しているケースが多くなるはずです。当然、運動については避けたほうがいいでしょう。症状がよくなってから運動するのは問題ありません。

 

シミ・肝斑治療目的

 

シミ・肝斑の治療目的でトランサミンを服用している場合、体の不調自体は特にないはずなので、運動自体は問題ありません。

 

まとめると、トランサミン服用中に運動しても問題ないのが「シミ・肝斑対策」の場合のみとなります。あとは、治療中の疾病によりますが、激しい運動は避けたほうがいいでしょう。

 

運動したほうがいいケースはないの?

 

シミ・肝斑対策の治療目的でトランサミンを服用している場合は、運動をするのは問題ないということは解説した通りです。ですが、実際のところは「運動したほうがいい」と言うこともできるでしょう。

 

シミ・肝斑対策での服用だと、体自体は健康体という場面が多いはずです。トランサミンは副作用の少ない医薬品ではありますが、健康体で服用するわけですから多少のリスクがあります。

 

そして、一番気になるリスクが「血栓ができやすくなる」という部分です。そこで運動を活用すると、血液の流れがよくなって、血栓ができにくい体を作ることができます。

 

いきなり激しい運動をすると体の負担も大きいですし、何より続きません。重要なのは「継続すること」なので、ウォーキングなどの負担が軽い運動を始めるのがおすすめです。

 

また、適度な温度のお風呂に半身浴するなど、血行促進の方法はいろいろあります。もちろん、トランサミンを服用したからといって大きなトラブルが出ることは少ないですが、日ごろから運動をしておいて血栓ができにくい体を作ることは大切です。脂肪燃焼して美しい体を作ることもできるので、運動には単に血栓予防以外のメリットもいろいろあります。ただ美白を目指すだけではなく、体づくりのほうも目指してみてはいかがでしょうか。