トランサミン服用中の運転の注意点

トランサミン服用中の運転はOK?

 

運転時に気になるのは、「薬を飲んだら眠くならない?」という部分だと思います。実際、医薬品の服用によって異様に眠くなる経験をした人もいるでしょう。

 

トランサミンについてですが、副作用には「眠気」があるため、厳密に言うと車の運転は注意が必要です。ただ、眠気が出る確率は「0.1%以下」とされています。1000人に1人くらいなので、確率としてはかなり低いです。

 

→副作用|下痢や吐き気、眠気が出ることも?

 

そのため、基本的にはトランサミン服用中も運転は問題ありません。一応「眠気」がでる可能性はあるので、急に眠くなったときは路肩に寄せて止めるなどの対処が必要ですが、それほど気にする必要はないでしょう。

 

併用医薬品がある場合は注意

 

トランサミン自体は運転の支障になることはあまりありませんが、併用医薬品がある場合は別です。トランサミンは風邪でのどが腫れているときによく処方されますが、風邪の治療中は他にもいろいろな医薬品が処方されます。

 

医薬品名

効果

添付文書に眠気記述あり/なし

アスベリン

咳止め

あり(0.1~5%)

アストミン

咳止め

あり(0.1~5%)

フスコデ

咳止め

あり

メジコン

咳止め

あり(5%以上)

レスプレン

咳止め

なし

アンブロキソール

喉の炎症を鎮める

なし

エンピナース

喉の炎症を鎮める

なし

ムコダイン

咳止め、痰切り、鼻づまり

なし

 

↑がトランサミンとよく同時処方される風邪関係の医薬品ですが、眠気が出るものが意外とあります。こういった医薬品を併用している場合、むしろそちらが原因で眠気が出る可能性はあります。

 

また、風邪を引いていると、発熱などに体力消費の影響で眠くなることも多いです。体調的な眠さと、医薬品の眠さが合わさって運転できないほど眠い、ということも考えられるので、その場合は運転は控えたほうがいいでしょう。