トランサミンの血中濃度・半減期から持続時間を推測

トランサミンの血中濃度・半減期から持続時間を把握しよう

 

トランサミンの持続時間については、血中濃度最大時間と半減期から推測可能です。

 

血中濃度最大時間(Tmax) 半減期(t1/2)

約3時間

約3時間

参考ページ:トランサミン添付文書

 

血中濃度最大時間は3時間程度となり、医薬品の中では早くも遅くもないといった数字です。一方、半減期については服用してから6時間程度なので、例えば朝食時に服用したら、昼食時には半減していることになります。夜には血中濃度は1/4となり、かなりトランサミンの効果は薄れているでしょう。

 

なので、トランサミンについては1日2回~3回に分けての服用がおすすめです。

 

→トランサミンの服用方法、用法・用量について

 

服用タイミングの「ズレ」をなくす

 

トランサミンの半減期は約6時間なので、18時間もすれば血中濃度は1/8程度となり、かなり効果が薄れます。そうなるとプラスミンを阻害する作用もほとんど失われてしまうので、1日を通してシミ・肝斑対策することができません。なので、トランサミンは1日2~3回の服用が理想となります。

 

1日目は朝、2日目は朝と夜、3日目は夜のみというふうに、自分の都合に合わせて服用タイミングをずらしてしまうと、どうしてもトランサミンの血中濃度が足りない時間帯が発生することになります。なので、一度トランサミンの服用タイミングを自分で決めたら、その後はずっとそのタイミングを守るようにしましょう。

 

トランサミンは2カ月程度で多くの人が「シミ・肝斑が改善ができた」と実感する医薬品ですが、それは服用方法をしっかり守ったからです。そうすることで1日中トランサミンの血中濃度が保たれて、効果的にプラスミンが阻害できます。なので、自己判断で服用方法を変えるのは避けるようにしましょう。

 

腎臓障害があるときの血中濃度

 

医薬品は、体の中で代謝・分解されて、最終的に排泄されます。なので、血中濃度がだんだん下がるわけです。

 

  1. 腎排泄(腎臓で排泄)
  2. 胆汁排泄(肝臓の胆汁の中に排泄)

 

医薬品の排泄方法は、↑の2種類となっています。このうち、トランサミンは「腎排泄」がメインとなります。

 

健康成人にトラネキサム酸を250mg又は500mg単回経口投与した場合、トラネキサム酸は速やかに吸収され、投与後24時間以内に投与量の約40〜70%が未変化体として尿中に排泄された。

 

添付文書にも↑のようにあります。尿中排泄ということは、主に腎機能を使って排泄しているということです。なので、腎不全・腎機能障害で腎臓の機能が弱っている状態だと、トランサミンをうまく排泄することができず、血中濃度が高いまま保たれることになります。

 

解決方法としては、トランサミンの服用量を少なくすることが挙げられます。血中濃度が下がりにくいわけなので、服用量も少なくするとある程度の対策が可能です。とはいえ、血中濃度を自分で計れる人は少ないですし、きちんと判断するなら医師の診察・アドバイスを受けたほうがいいでしょう。

 

用事があるときの対応方法

 

仕事・プライベートで外に出かけるときは、トランサミンの服用を忘れやすくなります。いつも持ち歩いて、飲み忘れを防ぐようにしましょう。

 

また、外出先のランチやディナーでトランサミンを服用するのが恥ずかしいという人もいるでしょう。そんなときは、家にいる間(朝食タイミングなど)にトランサミンを2回分服用するというのも手です。確かに半減期は6時間程度ですが、2回分のトランサミンが服用できるので血中濃度は一定期間保たれます。帰宅後に、もう1回分を飲むなどすれば対応は可能です。

 

ただ、この方法はあくまでその場しのぎにすぎません。いつもそんなことをしていると、正しい服用方法とは言えないのでシミ・肝斑の治りが遅くなる可能性はあります。外出する機会が多いなら、誰の目にもつかないところで服用したり、いっそのこと堂々と服用するなどの対応が必要になるでしょう。