トランサミンの下痢・吐き気・眠気などの副作用について解説

把握しておきたいトランサミンの副作用

 

トランサミンは止血や抗炎症によく使われているほか、シミ・肝斑を改善する美白用医薬品としても広く普及しています。市販薬なども発売されており、副作用は少ないとされていますが、全くないというわけでもありません。

 

ここでは、トランサミンを服用していくうえで気になる

 

  1. トランサミンの副作用はどんなものか
  2. 何に注意したらいいのか
  3. これって副作用?

 

という3点について、詳しく解説していきます。

 

目次

 

トランサミンの副作用の確率・頻度はどのくらい?

 

トランサミンの承認時の検査によって、副作用の確率・頻度はしっかりとしたデータが出ています。

 

副作用例

確率・頻度

2954例中45件

1.5%

参考ページ:トランサミン添付文書

 

上記の検査結果は3000例程度の検査なので、実際の確率とは多少誤差があるかもしれません。ですが、トランサミンの副作用確率はだいたい約1~2%程度と言っていいでしょう。

 

1~2%というのは、「50~100人中1人に副作用がある」という意味になります。「それって多いの?少ないの?」というのがわからないかもしれないので、他の医薬品と比較してみましょう。

 

医薬品種別

副作用の確率

トランサミン

約1~2%程度

抗生物質(クラビット、クラリスなど)

約3~4%程度

抗炎症・鎮痛剤(NSAIDs:ロキソニン、ボルタレンなど)

約3~10%程度

抗不安薬、睡眠薬(デパス、アモバンなど)

約7~10%程度

プロトンポンプ阻害薬(胃酸を抑える薬)

約12~20%程度

 

一般的に利用頻度の高い医薬品と比較してみた図が↑です。プロトンポンプ阻害薬や抗不安薬・睡眠薬の副作用率よりもトランサミンの副作用率の方が低いのはイメージ通りですが、鎮痛剤や抗生物質よりもトランサミンの副作用率は低くなっています。鎮痛剤は市販されていたりもしますが、それでも副作用率は実は3%以上あったりします。なので、トランサミンはそれよりも、データ上は副作用リスクは低いと言えるでしょう。

 

トランサミンの主な副作用~吐き気や下痢、胸焼け~

 

トランサミンで一番目立つ副作用が、消化器系の副作用となっています。

 

0.1~1%未満

0.1%未満

食欲不振、悪心(だるい)、吐き気、下痢、便秘、胸焼け

-

 

確率としては0.1~1%程度とそれほど高くはありませんが、トランサミンの副作用の中では多くなっています。トランサミンを服用して下痢・食欲不振や腹痛などがあるようなら、服用は中止したほうがいいでしょう。

 

なぜ消化器系の副作用が出るのかですが、いろいろ原因は考えられますが、「体質」というのが一番ありえるでしょう。もともと胃腸はストレスや緊張などでかんたんに下痢をしたり、痛くなったりするようなデリケートな器官です。そして、どんな医薬品にも合う・合わないはあり、デリケートな胃腸に作用してしまうことはありえます。なので、トランサミンによって食欲不振や吐き気が起こるという人が、低確率でもいるのは仕方ありません。

 

ただし、消化器系の副作用は、医薬品の副作用の中でも非常にありふれたものです。例えばロキソニン・ボルタレン・アスピリン(バファリンなど)といったNSAIDsと呼ばれる解熱・鎮痛剤は胃への負担が大きく、胃痛・腹痛や吐き気が出やすいとされています。他にも抗生物質など、広く普及している医薬品には胃腸関係の副作用がある場合が多いです。

 

なので、もしトランサミン以外に服用している医薬品がある場合は、もしかしたら副作用はその医薬品のせいかもしれません。その場合、トランサミンをやめても吐き気・下痢・便秘などの症状が治るわけではないので、他の医薬品のしわざかもしれないということは頭に入れておきましょう。

 

トランサミンのその他の副作用~発疹やかゆみ、眠気~

 

トランサミンには消化器系の副作用があることは解説した通りですが、その他にも発疹やかゆみ、眠気などが確認されています。

 

0.1%未満

かゆみ、発疹、眠気

 

まず発疹やかゆみについてですが、もともとトランサミンは「蕁麻疹・湿疹」などに効果がある医薬品なので、副作用として発疹等が出るのは少し変な気もします。まずは、言葉の意味を見てみましょう。

 

発疹 皮膚炎全般を指す。
湿疹 数日~1週間程度続く。皮膚の表面にじくじく湿った赤い発疹が広がり、かゆみが出る。
蕁麻疹 数十分から数時間でおさまることが多い。膨らんだように広がって強いかゆみが出る。

 

↑を見てもわかる通り、「発疹」というのは「皮膚炎全体」を示す言葉です。なので、トランサミンを飲むと、ごくまれになんらかの皮膚炎が出ると言う意味なのです。そのため、トランサミンで湿疹・蕁麻疹が治るが、副作用で皮膚炎が出ることがあるというのはおかしな話ではありません。

 

それで、トランサミンで皮膚炎が出る理由ですが、いろいろな原因が考えられるものの、一番ありそうなのは「薬疹」でしょう。

 

薬疹とは体の免疫機能が薬に反応して起こる発疹のことで、いわば「体質」となります。どの医薬品に反応するかは人それぞれで、薬疹を起こさない医薬品はありません。なんらかの抗生物質で薬疹を起こす人もいますし、風邪薬で発症したり、場合によってはビタミン剤で起こすなんてこともあります。つまり、どんな医薬品にも薬疹の可能性はあるのです。

 

なので、トランサミンを服用することで発疹が出るということは、たまたまそういう体質だったということです。そうなる可能性は非常に低いですが、もし発症した場合は、残念ながらトランサミンの服用はやめたほうがよいでしょう。

 

眠気についても同じで、トランサミンとの相性が悪く、眠気が出てしまうといった原因と考えられます。もともとトランサミンには眠気と関係するような作用はないので、「そういう体質」と考えるのが自然でしょう。同様に、「不眠」と言う形で出る可能性もあります。

 

これってトランサミンの副作用?症状別解説

 

トランサミンの副作用として、添付文書に記載されているのは

 

消化器系の症状、発疹、かゆみ、眠気

 

のみとなります。これらの症状については、すでに解説したとおりです。

 

ですが、トランサミンを服用して、「こんな症状があるんだけど、もしかして副作用?」というケースは他にもあるはず。ここでは、その症状が副作用なのかどうなのかを解説していきます。

 

頭痛、肩こり

 

トランサミンにはプラスミンを阻害する効果があり、止血作用をもたらします。つまり、その分血流が悪くなることがあります。そのため、肩周りの血流が遅くなって、その分肩こりなどが出てくる可能性は否定できません。

 

また、肩こりが起こるということは、肩周りの筋肉が硬くなり、緊張性頭痛に繋がる場合もありえます。

 

これらの副作用はトランサミンの添付文書には書かれていないので、確率としてはかなり低い(データ収取時にそういう人がいなかった)と考えられますが、絶対に頭痛・肩こりはないとは言い切れないでしょう。

 

血流が問題なので、半身浴や運動をして血流をよくしたり、血流をよくするビタミンC、Eを多く含んだ食品を食べるなどして対応しましょう。

 

貧血、生理不順・生理が遅れる

 

トランサミンの止血効果を利用して、過多月経(不正出血)の治療にトランサミンが処方されるケースがあります。これは出血のために貧血状態になるのを防ぐのも理由の一つなので、むしろ「貧血」に関しては副作用というよりは効果と言った方がいいでしょう。トランサミンの副作用で貧血になることは考えにくいです。

 

トランサミンの効果・不正出血、過多月経

 

次に生理不順について。トランサミンには止血効果があり、実際に過多月経で処方されるケースもあります。ただ、生理の血量を減らすほどの作用はないとも言われており、効果が疑問視されている側面もあります。つまり、トランサミンの服用によって生理不順になったり、生理が遅れると言ったこともまた考えにくいのです。もちろん、トランサミンのせいということもありえますが、その他体の不調からくる生理不順の可能性のほうが高いので、医師の診察を受けて原因を特定したほうがよいでしょう。

 

太る、体重増加

 

すでに解説した通り、トランサミンには消化器系の副作用があります(確率は1%程度)。その中には「食欲不振」などもあり、体重増加というよりはむしろ減少のほうに偏っています。

 

もちろん、トランサミンの食欲不振が出る確率は1%以下ですし、ダイエットを期待して服用するというのも間違っていますが、だからといって「太る」「体重増加する」といったことも考えにくいです。

 

もし食欲が増えて体重増加した、太ったなんて場合は、トランサミン以外の要素を考えたほうがよいでしょう。

 

むくみ

 

トランサミンは「湿疹」「蕁麻疹」の治療にも使われる医薬品です。この湿疹や蕁麻疹というのは、「血管性浮腫」が原因のこともあり、トランサミンは血管性浮腫への効果もあるということです。「浮腫」とはつまり「むくみ」のことなので、「むくみの副作用がある」というよりはむしろ「一部のむくみに効果がある」と言うのが実際のところです。

 

なので、トランサミンを服用することによって、体のどこかにむくみが発生するというのはほとんどないでしょう。もちろん体質的にむくみやすくなるということは考えられますが、非常に低確率です。

 

声がれ・声帯炎

 

トランサミンには抗炎症作用があり、特に扁桃炎、咽喉頭炎にはそれなりの効果が認められているため、風邪でのどが腫れているときに処方されることが多いです。ただ、必ず効果があるわけではないので、トランサミン服用中にのどの炎症が悪化し、声帯まで炎症を起こすこともあるでしょう。その結果、声がれ、声が出ないということも考えられます。

 

そうなると、あたかも「トランサミンを飲んだら声が出なくなった」というように感じるかもしれません。しかし、トランサミンに声枯れの副作用は認められていないので、やはりのどの炎症が広がっていると考えたほうがよいでしょう。トランサミンには炎症を抑える作用はあっても、炎症の原因を叩く効果はありません。医師の診察をうけつつ、抗生物質を服用するなどして対策しましょう。

 

腎機能不全、痙攣、しびれ、めまい・耳鳴り

 

トランサミンは腎臓で排泄される医薬品となります。 →

 

そのため、人工透析患者など、腎障害・腎機能不全を抱えている人の場合、トランサミンを服用すると痙攣・しびれといった副作用が現れることがあります。また、その延長でめまい、耳鳴りといったことも考えられるので、その場合は速やかに服用を中止するべきです。

 

なお、腎機能が正常な場合はめまい・耳鳴りが起こることは考えにくいですし、もしめまい・耳鳴りが起こったとしても他にさまざまな原因が考えられます。いずれにしても、これらの症状が出た場合は、速やかに医師の診察を受けたほうがいいでしょう。

 

トランサミンのジェネリックは副作用も同じ?

 

ジェネリック(後発品)というのは大まかに言うと「成分が同じで価格が安い後発医薬品」ということになります。そのため、トランサミンのジェネリックも成分は先発品と同じということになります。もちろん、副作用についても基本的には同じとなります。

 

なので、トランサミンのジェネリックを個人輸入などで購入したとして、何か副作用が出た場合も、対処方法は通常通りとなります。

 

トランサミンは1981年から発売されている医薬品で、特許期間も過ぎているのでジェネリックがいろいろと発売されています。しかし、成分としては同じなので、「副作用が変わってくるのでは?」という心配はありません。

 

まとめ

 

トランサミンの副作用について説明してきましたが、もともと副作用確率の低い医薬品で、全部合計しても副作用率は1~2%となりそれほど不安な医薬品ではありません。しかし、低確率と言えどもゼロ%ではないのは事実なので、「自分は絶対大丈夫」と安心しないで、どんな副作用があるのかは知っておくべきでしょう。

 

  1. 高齢者
  2. 小児
  3. 腎臓に障害がある人

 

また、↑に挙げられる人はトランサミンの副作用リスクも高くなります。特に高齢者は、トランサミンの血栓ができやすくなる作用には要注意。また、腎臓に障害がある場合も、痙攣などの副作用の恐れがあるので慎重な判断がいります。いずれにしても、若い人に比べてリスクが高いことは事実なので、医師の診察をしっかり受けるなどの対応をしましょう。