トランサミンとアルコール(お酒)の相互作用について

トランサミン服用中のお酒(アルコール)はOK?

 

薬局で医薬品をもらうとき、「お酒は控えてくださいね」と言われた経験がある人は多いはずです。なので、「トランサミンも、アルコールと併用してはダメなの?」と思う人もいるでしょう。

 

ここでは、トランサミン服用中の飲酒の影響について解説します。

 

トランサミンの添付文書で「アルコール」を調べる

 

確かに医薬品の中には、アルコール(お酒)を併用するのが禁忌とされているものもあります。一緒に服用すると副作用が増したり、医薬品の効果がなくなったりすることがあるからです。

 

そしてそういった医薬品の場合、添付文書に必ず「アルコールを避けること」のような書き込みがあります。そこで、トランサミンの添付文書についてみてみると、「酒」「アルコール」といった記述はありません。(※成分名に「アルコール」と書かれていますが、これは関係ありません)

 

参考ページ:トランサミン添付文書

 

また、依存性のある医薬品の場合、アルコールの依存性と重なることで、お互いの依存度を高めてしまう傾向があります。しかし、トランサミンには特に依存性はないと言われているため、アルコールの依存度を高めてしまう心配も考えにくいです。

 

以上のことから、トランサミンとアルコールを併用しても、なんらかの重大なトラブルが起こることはほとんどないと考えていいでしょう。

 

飲酒は控えたほうがいいケースもある

 

添付文書上では、アルコールとトランサミンの影響はほとんどないことは説明した通りです。ただ、できればお酒は控えたほうがいいケースもあります。

 

というのも、トランサミンの副作用と、アルコールの副作用が重なって、症状が強くなることがあるからです。

 

  1. 食欲不振
  2. 悪心
  3. 嘔吐
  4. 下痢
  5. 胸焼け

→副作用|下痢や吐き気、眠気が出ることも?

 

↑はトランサミンの消化器系の副作用となりますが、アルコールを飲んで二日酔いなどになり、具合が悪くなったときの症状と共通点が多くなっています。つまり、トランサミンを飲んで副作用が出やすい体質だった場合、アルコールを摂取するとその副作用が増強されてしまう恐れがあります。

 

なので、「絶対飲むな」とまではいきませんが、飲むのが好きなら普段より少し酒量を減らしたほうが無難でしょう。