トランサミンの妊娠中・授乳中の服用について

妊娠中・授乳中のトランサミンは使ってOK?

 

妊娠中・授乳中は、トランサミンに限らずいろいろな医薬品の影響が気になってくるはずです。トランサミンを服用していたり、これからしようと思っているなら、妊娠中・授乳中の影響について知っておきましょう。

 

トランサミンについて調べるときに最初にチェックしておきたいのが「添付文書」ですが、こちらには妊娠・授乳に関する記述はありません。

 

通常、たいていの医薬品は添付文書上に

 

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。

 

といった記述がありますが、トランサミンの場合はないので、公式には妊娠中・授乳中のトランサミン服用は問題なしと言うことになります。

 

「そうはいっても、根拠がないと…」という人もいるはずなので、判断材料として「FDA薬剤胎児危険度分類基準」を見てみることにしましょう。FDAはアメリカにある、日本でいう厚生労働省のような組織で、「FDA薬剤胎児危険度分類基準」は医薬品が胎児に与える影響やリスクを判断する評価基準となっています。

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準

カテゴリー 危険性 妊娠中・授乳中の服用
A 危険性なし OK
B 多分危険性なし 多分OK
C 危険性があるかも 場合によってはOK
D 危険性アリ やむを得ない場合以外NG
X 禁忌 絶対NG

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準は、「A」から「X」の5段階となっています。妊娠中・授乳中のA~Bについてはほぼ危険性なしとされており、トランサミンもこのカテゴリに含まれています。

 

「B」が「多分OK」となっているのは、動物実験では問題ないことが確認されているが、人間に対する試験はしていないという意味です。なので、「多分」ということにしています。

 

カテゴリーA 葉酸
カテゴリーB トランサミン、カフェイン、アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)、アモキシシリン(抗生物質)など
カテゴリーC ロキソニン(解熱鎮痛剤)クラリス(抗生物質)、デパス(抗不安薬)など
カテゴリーD アルコール(お酒)、ニコチン(タバコ)、ボルタレン(解熱鎮痛剤)、ミノマイシン(抗生物質)、ワイパックス(抗不安薬)、パキシル(抗うつ薬)
カテゴリーX サリドマイド、ハルシオン、ワーファリン

 

↑は各カテゴリーと、その代表医薬品(物質)となります。カテゴリーAには「葉酸」などが入り、むしろ妊娠中に積極的に摂るべきものも入っています。

 

そしてカテゴリーBはトランサミンが入っていますが、他に入っているのはカフェインなどの物質、さらにはアセトアミノフェン(カロナール)などになります。「ロキソニン(カテゴリーC)やボルタレン(カテゴリーD)は妊婦にはややリスクがあるので、解熱・鎮痛はアセトアミノフェンを使いましょう」なんてこともよく言われます。

 

そしてカテゴリーDには妊婦に悪いことでおなじみのアルコール(お酒)やニコチン(タバコ)が入っています。その他、抗不安薬など負担の大きい医薬品もカテゴリーDに入ることが多いです。

 

カテゴリーX(禁忌)については、かつて大問題になったサリドマイド、そして妊婦にはリスクが高すぎるハルシオンやワーファリンなどが入っています。

 

これらの評価を総合すると、トランサミンは「タバコやアルコールほどではなく、カフェイン程度のリスク」と言うことができます。カフェインも妊娠中・授乳中に飲みすぎるのは考え物ですが、1日1~2杯飲む程度は問題ありません。

 

とはいえ全く影響なしと確定しているわけではないので、多少控えたほうがいいかもしれません。トランサミンの1日の服用量は750mg~2000mgとされていますが、妊娠中は750mg、もしくは少し減らした500mgくらいにするのが無難でしょう。

 

どうしても心配なら妊娠初期に注目しよう

 

「それほどリスクが高くないことはわかったけど、それでも心配…」

 

と言う人もいるでしょう。そこで、注目したいのが、妊娠中の胎児がもっとも小さい「妊娠初期」です。一般的に、妊娠2~12週の「妊娠初期」がもっとも胎児が医薬品の影響を受けやすいといわれています。なので、もし妊活中なのであれば、排卵日から妊娠が分かった日までトランサミンを控えると安心です。

 

また、逆に言うと生理開始日から28日目くらいまでは妊娠していない可能性が高いので、トランサミンの服用は問題ないということにもなります。

 

それと、「トランサミンを服用していたけど、ある日妊娠がわかった」というケースもあるでしょう。この場合、妊娠初期の間トランサミンを服用していた可能性は高くなります。しかし、あまり不安に感じすぎないことが重要です。妊娠初期に服用していたとしても、そもそもトランサミンはそれほどリスクの高い医薬品ではありません。なので、必ずしも胎児に影響があるとは限らないのです。むしろ、不安を抱えたままストレスを感じることのほうがよっぽど悪影響と言えます。どうしても不安というなら医師への診察をするとよいですが、気にしすぎないことが大切です。

 

トランサミン服用中の授乳中の対応とは?

 

妊娠中だけでなく、授乳中の赤ちゃんにもママが服用している医薬品の影響は考えられます。ママが医薬品を服用中は、母乳にもその成分がどうしても含まれてしまうのです。

 

これはトランサミンも同じですが、考え方は妊娠中と同じで大きな問題はそれほどないでしょう。確かに母乳にトランサミンの成分は含まれますが、量としてはごくわずかです。また、妊娠中と違って赤ちゃんの様子が見られるので、万が一体調を崩しているようならトランサミンをやめたりなどの対応ができます。

 

とはいっても全くリスクゼロということではないので、どうしても気になるなら「完全ミルク育児」に切り替えるのも手です。そうすれば、ママの影響から赤ちゃんを完全に切り離すことができます。今では特に医薬品を飲んでいないママでも完全ミルク育児を選択することがあるくらいですから、心配ならミルク育児を選ぶのもアリでしょう。

 

ただ、初乳だけは飲ませるようにしてください。初乳には「免疫グロブリンA」という免疫物質が含まれており、赤ちゃんにママの免疫を分け与えるという意味があります。少なくともこの期間だけは母乳を上げて、その後はミルク育児にするというのがよいでしょう。